生花 | 銀葉

生花 七曲 留流し | 銀葉 生けなおした。 持ってかえってくるうちに、いくつか枝が折れたので、すこしお直しも。

阪急 茨木市駅

阪急 京都線 茨木市駅 | 嵯峨御流

生花 | 銀葉

生花 七曲 留流し | 銀葉 銀葉の枝は硬く、溜めようにも、力加減によってはすぐに折れてしまう。 しかし黒い木肌とシルバーの葉のコントラストがきれい。

生花 | 杜若

生花 三才格 | 杜若 ことしもカキツの季節。 毎度毎度、手順を忘れるのである。

生花 | 伊吹杉

生花 七曲 体の後添え流し | 伊吹杉 花展本番。 習作としてつくった伊吹杉を生けた。 先生に見てもらったようにはいかないけれど、完璧をもとめて出さぬより、途上であっても出す花展である。

ブーケから

もらったブーケはしばらくそのまま飾って、それからのこっている花で生けてみた。 器は、東寺のがらくた市で買ったもの。 高価なものではないけれど(300円だった)、高めの足つきで、シノワズリな感じが気に入った。

ミニバラ

ことしはミニバラがきれいに咲いてくれた。

阪急 茨木市駅

阪急 京都線 茨木市駅 | 嵯峨御流

生花 | 伊吹杉

生花 七曲 体の後添え流し | 伊吹杉 すでに終わったけれど、花展にむけての習作。 体の先の形が好き。

オリーブ

オリーブ(コロネイキ)を買った。 枝ぶりがいいと思って選んだのだけど、どう育っていくだろうか。

サニーレタス

サニーレタス。うさぎの食糧。

アジュガ

アジュガ(チョコレートチップ)を植えた。

華道祭2019年春

大覚寺、春の華道祭の最終日に駆けこんだ。 松柏をつかった七曲がみごと。

スミレ

前回よりもう少し花が咲きすすんだころ。

阪急茨木市駅

阪急京都線茨木市駅 | 嵯峨御流

生花 | 伊吹杉

生花 七曲 体の後添え流し | 伊吹杉 すでに終わっているが、花展にむけての習作。

シクラメン

もう何年も前に買ったシクラメンが、花を咲かせてくれた。 これは、たぶん元の球根とはちがう株で、代替わりしていると思う。 それにしてももう春なのに。

スミレ

更新が滞ってしまったので、だいぶ前の写真。 いまはもう咲き乱れている。

シラン

ことしもシランは元気に芽吹く。

フジバカマ

去年のシーズン終わりかけに買ったフジバカマの芽がぐいぐい伸びてきている。

生花 | 伊吹杉

生花 | 伊吹杉 真ん中がわたしの作品。 花展にむけたお稽古が重なり、七曲のうち三曲がそろった。

生花 | 伊吹杉

生花 七曲 体の後添え流し | 伊吹杉 花展にむけての稽古。 用の枝の先や形のつくり方がまだわかっていない。

BRUTUS 2019年4/15号No.890[花と花束。]

BRUTUS(ブルータス) 2019年4/15号No.890[花と花束。] 出版社/メーカー: マガジンハウス 発売日: 2019/04/01 メディア: 雑誌 この商品を含むブログを見る ジュンク堂にて、BRUTUSの最新号を発見。「花と花束」特集。どれも興味深いけれど、とくにおもしろそう…

桜の葉

稽古で生けた桜の枝から、小さな葉が出たので、飾っておいた。

スミレ

The Farm UNIVERSAL大阪店には、三匹のヤギがいる。 そのヤギの住む丘に、スミレが咲いているのを見つけた。 おそらく町でよく見かける濃い紫色のスミレとはちがう種だけれど、わたしには同定するだけの知識がない。

オリーブ

梅田生花市場(大阪府豊中市)内の植物卸売屋さんにて

阪急茨木市駅

阪急 京都線 茨木市駅 | 嵯峨御流

生花 | 枝垂れ桜

生花 体の後添え流し | 枝垂れ桜(彼岸桜) 彼岸桜は、桜のなかでもとくに枝の細い種類である。 その枝を折り溜めて、枝垂れ桜に見立てる。 しかし今回は惨敗であった。 枝を選ぶのも見誤り、形をつくるのも失敗の連続。 こうして学ぶものと思い、来年の彼岸…

阪急茨木市駅

阪急 京都線 茨木市駅 | 嵯峨御流

JR西日本 高槻駅

JR西日本 東海道本線 高槻駅 | 嵯峨御流 三月は去るとは申しますが、月末も近くなってから、上巳の節句の写真を出すことになろうとは。