アナベル

ドクダミのなかにひっそりとアナベル

夏椿

去年うえたナツツバキ(シャラノキ)に花が咲いた。

新入り

庭に見知らぬ花が咲いていた。 どこからか種がとんできたんだろう。

バラ

こちらのバラもよく咲いた。

ミニバラ

ミニバラが、不思議なほど盛大に咲いてくれた。

ホタルブクロ

いまはもうしぼんでしまったけれど、すこし前のホタルブクロ。

モッコウバラ

北側に植えてあるモッコウバラ。 日当たりがよくないからか、緑の色がうすい。 日当たりのいい場所に移した。

シラン

シランは手間いらず。

モッコウバラ

白い八重咲きのモッコウバラ。 3年越しだろうか。数えるほどしかないけれど、やっと咲いた。

雨のゴールデンウィーク

数日前だけど、雨が降っていた。 この季節の雨は、植物を生き生き見せる。

ボレロ

バラの季節。

春のギボウシ

春、ギボウシの芽吹きは、見てるこちらが元気になる。

ドウダンツツジ

ドウダンツツジの花が咲いた。

スミレ

ビオラ ラブラドリカ むかしからスミレは好きだったけれど、育てるのはなかなかむずかしい。 そこでみつけたこの品種。 自生しているスミレに似た見た目で、強健なのがいい。

クリスマスローズ

庭のクリスマスローズの色が白からみどりへ。これはこれできれい。

クリスマスローズ

安売りしていたのを見つけてたまたま買ったクリスマスローズが咲いた。 テキトーに植えただけなのにこんなにきれい。 クリスマスローズ、はまるかも。

株立ち

前庭の常緑ヤマボウシ。 一本すくっと立っているだけだったけれど、小さめの株立ち苗をくわえた。 すこし雑木林を意識して、自然っぽいふうにしたい。

バラの剪定

すでに去年のことだけれどもバラを剪定した。写真はボレロ。

ナツツバキ

ひさしぶりの園芸。 家の入り口を入ったところにナツツバキ(シャラノキ)の株立ち苗を植えた。 株元には植木のドウダンツツジ。 ほかの部分には宿根草が植わっているはずだが、まだまだ眠りの只中である。

ドウダンツツジ

京都市 北区 ドウダンツツジが紅葉する季節

秋のミニバラ

ミニバラが花の盛りをむかえている。 葉は虫にやられてぼろぼろ。気づいてすぐ駆除したので、被害は最小限で済んだ。

ボレロ

ボレロがつぎつぎと開花。はやめに摘むことにした。

はす池

万博記念公園 日本庭園 はす池 ひさしぶりに民族学博物館を見にいってきた帰り、もう1時間足らずで閉園というタイミングで入った日本庭園。 広いので、入り口から近いところを散歩した。 花はもう見えず、葉も黄色くなってきている。

ボレロ

楽天セールで買ったバラ、ボレロ。 白いバラがほしくて探していた品種。 強健らしい。 すでにつぼみがついていて、いい香りがする。

【ロンドン】キュー・ガーデンズ

パーム・ハウス Palme House 内部もクラシカル 内部の温度も湿度はすごく高く設定されていて、日本に戻った感じ。

【ロンドン】エリゲロン

テート・モダンにむかう途中でみつけた庭。ここだけなく、エリゲロンはどこでも人気。

【ロンドン】チェルシー・フィジック・ガーデン

朝起きると、小雨がぱらつくロンドン。キュー・ガーデンズに行くにはすこしもったいない天気だと思い、チェルシー・フィジック・ガーデンを訪れた。チェルシーは、チェルシー・フラワー・ショーでも有名な高級住宅街である。 薬草園だけあって、温室もある。…

【ロンドン】立体感のある庭

8月末に1週間ほど、ロンドン、パリに行ってきた。そのあいだにたくさんの庭園や花をみつけた。 まずひとつめは、Daunt booksという本屋さんにむかう道すがら、地下鉄ボンド・ストリート駅から迷っているうちにみつけた家。 ロンドン中心部ど真ん中にある住宅…

前庭改造計画

人生の大きな転機をむかえ(退職)、実家に帰ってきた。 というわけで、荒れ放題だった前庭を改造するにいたる。 宿根草を植えまくったが、うまくいくかどうか。庭づくりは気長いするほかあるまい。

ローブリッター

すこしおくれた気がするけれ、ことしもバラの季節がきた。あいかわらず、まるっこい花がかわいい。