蓮根畑

高知からの帰路、鳴門市。 広がる畑は蓮根である。 ちらりと、ああたしかにレンコンは蓮なのだ、と思える花が見えた。

田園風景 II

四万十川に沿って広がる田園。 ここにも人が暮らし、この田んぼを世話しているのだと思うと、なぜか感動する。

清流

木々の合間から見る清流、四万十川。

沈下橋

夏の空、清流と森 高知の沈下橋

四万十川

四万十川の川岸

高知の旅

7月14日、15日と一泊二日で高知を旅行してきた。 車で行くと、四国の地形や産業が見えてきておもしろい。 そこに由来する独特の景観があると思う。 四万十川にむかう途中でみつけた田んばでは、緑の稲がさわさわと風に流れていた。

塩屋の海辺

塩屋の海辺でみつけた花

塩屋の海

塩屋 海辺の花は一味ちがう

塩屋

塩屋に遊びに行ってきた。 神戸市だけれども、三宮のような華やかさはなく、落ち着いた海辺の小さな町。 いくつか洋館が立っている。 現在はイベント会場などにつかわれているので、常時公開はしていない。 なので、内部は見られなかった。 ハゴロモジャスミ…

【広島】

桜の縮景園、おわり。

【広島】松と桜

縮景園の桜は満開で、散った花びらが松の葉に。

【広島】スミレ

縮景園のスミレ (2回目)

【広島】三色

これも縮景園。ひとつの木に白、薄桃、桃色の花が咲いている!

【広島】しだれ桜

縮景園のしだれ桜 桜の季節はあっという間やなあ。すでになつかしい光景になっている。

【広島】馬酔木

縮景園の馬酔木

【広島】スミレ

縮景園。意図して植えられたものではないけれど。

【広島】縮景園

尾道・広島の旅、ふつかめ。 朝、友人夫妻との待ち合わせ前に、ささっと縮景園に行ってきた。

【尾道】さくら

坂の住宅地の斜面に一本大きな桜の木があった。 その影は、住宅地の底に沿って伸びる線路に落ちていた。

【尾道】ツバキ

ツバキもまだまだ咲いていました。

【尾道】ヤマツツジ

ヤマツツジ近景

【尾道】ヤマツツジ

桜もきれいだけれど、いたるところでヤマツツジが咲いており、こちらもまたきれい。

【尾道】春の尾道

春の尾道に行ってきました。 気候は、暖かいをとおりこして、暑いくらい。 そして、桜はこれまで見たことがないほど満開の桜でした。

東京 オレンジ色の実

根津美術館 なんだろう、このオレンジ色の実

東京 また梅

梅の季節だったので、根津美術館でも梅。 まだ咲きはじめだったけれど、広がっていく枝がいい感じ。

東京 石仏

根津美術館の庭にはところどころに彫刻が置かれているが、どれも年代ものの本物だから驚いた。 この「石造如来坐像」は、平安時代後期〜鎌倉時代初期の大分県でつくられた作品とのこと。

東京 根津美術館

根津美術館に行ってきた。 すばらしい庭園。 傾斜とむこう側に見えるビルとの遠近感で、スケールがでかい。

東京 ツバキ

皇居のツバキ

東京 シナマンサク

皇居 シナマンサク

皇居の蝋梅

皇居の二月、蝋梅の季節を逃してしまったよう。 でもかすかに香りを感じました。

東京 梅を眺める

梅というのは、あまり遠くから眺める木ではないように思うけれど、それでもこれほどまでに咲くと遠景もきれいである。