わがベランダのフローラ

人の目をとおして見た自然のかたち

【ロンドン】立体感のある庭

f:id:giraud87:20170822122915j:plain

8月末に1週間ほど、ロンドン、パリに行ってきた。そのあいだにたくさんの庭園や花をみつけた。

まずひとつめは、Daunt booksという本屋さんにむかう道すがら、地下鉄ボンド・ストリート駅から迷っているうちにみつけた家。

ロンドン中心部ど真ん中にある住宅地なので、周囲はあまり花を植えて庭を楽しんでいるわけではない。このお家だけがぽつんと、ていねいに手入れされた庭をもっていた。

個人のお宅なので、あまりぱしゃぱしゃとするのも遠慮されて、写真はこれっきり。けれど、じつは、見えている部分よりもずっと大きなスケールの庭になっている。

ロンドンの住宅の典型で、1ブロックは、大きな四角い穴のなかに建物が建っているかっこうになっている。柵が設置されているのは、穴の壁の上なのだ。つまり、この柵からのぞきこむと、地下一階がみえる。もちろん、建物と壁のあいだは広くはないので、あまり日が差さず、陰になっているのだが、そこもしっかりと植物が育っていた。

都会だけに面積はあまり広くはないのだけれど、上下に立体感がある庭になっていた。