東京 石仏

根津美術館の庭にはところどころに彫刻が置かれているが、どれも年代ものの本物だから驚いた。

この「石造如来坐像」は、平安時代後期〜鎌倉時代初期の大分県でつくられた作品とのこと。

広告を非表示にする