【尾道】さくら

坂の住宅地の斜面に一本大きな桜の木があった。

その影は、住宅地の底に沿って伸びる線路に落ちていた。

広告を非表示にする