わがベランダのフローラ

いけばなのアーカイブと園芸の記録

北大植物園 北方民族植物標本園

一口に「北方民族」と言っても、さまざまな民族がいるし、それぞれの民族においても部族や地域によって多様な文化を育んてきた。とはいえ、そこに共通性がないわけではない。北方民族植物標本園では、アイヌをはじめとするそんな東アジア北方民族が生活に利用してきた植物が展示されている。

トリカブト | これはもちろん毒を利用する。ヒグマをとるために毒矢に塗った。

 

エゾトウウチソウ

 

ナギナタコウジュ | アイヌはこれをお粥の香りづけやお茶にしたり、風邪や二日酔いの薬や魔除けとしても用いていた。どの用法も香りが大事なようだが、香ってたかな?

 

こんなふうに、民族と植物の関係に光を当ててくれる植物園は貴重ではないでしょうか。園内には、北海道に生息する動物の剥製が展示されている博物館や北方民族資料室があり、北の大地の自然と人間を両面から知ることができます。

季節ごとに訪れたい北大植物園でした。