わがベランダのフローラ

花と人の文化誌

同じ月

鷹の羽すすき スプレー菊

あまったスプレー菊に、庭のススキを合わせてお月見の花。うちのススキには、まだ穂がでていなかったのが惜しい。

琉球、日本、韓国、中国、ベトナム、そしてそれぞれの国から移住していったディアスポラの地で、きっと同じ月を見ているのだ。常には意識しないアジアの文化的連続性を感じる。

生花 | リューカデンドロン

生花 七曲 留流し | リューカデンドロン

夏は予定が重なり、なかなか稽古に行くことができなかった。というわけで、自主練。

いけばなでは、伊吹杉や葉蘭といった花材がよく使われるが、町のふつうの花屋さんにはあまり置いていない。今回は生花をしたかったので、とくに適した花材を見つけるのはむずかしい。

そこで、お店にあったなかでもっとも合いそうなリューカデンドロンを買ってみた。値段も手ごろ。

直感で選んだのだけど、これが大正解。矯めやすいし、見た目もエキゾチックな感じがいい。横枝も適度についているので、うまくやれば本数が少なくてもボリュームが出せると思う。今回は、長い横枝を利用して留流しにしてみた。

色にバリエーションがあるようなので、他のを見つけたときにはまた挑戦してみたい。

サンタンカ

台北のおしゃれ地区、富錦街へ。

この地区は、アメリカの都市をモデルにつくられただけあって、ゆったりとして緑も多い。それでも街路樹は、トロピカルである。

これはサンタンカ(仙丹花)というらしい。日本では、沖縄や九州でもふつうに見られるということなので、やっぱり南国の花。

台北の風

八月のはじめ、台北に行ってきた。

熱帯の都市には、温帯とは異なるそこ独自の植生がある。それはそうなのだが、台北には、大阪よりずっと清々しい風が吹いていた。

大阪同様、車も、もちろんバイクもばんばん走っているし、夏の日差しは厳しい。けれど、ふしぎと陰に入ると涼しいし、ビル風とはちがう大気の流れが感じられる。

大きな街路樹の下で、おじいさんがプラスチックのイスを出して涼んでいた。