読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

お知らせ

これまで、花と園芸を主な話題としてきましたが、すこしずつ話題を広げていこうと思います。

ごく簡単な(ほんとうに!)お知らせでした。

広告を非表示にする

生花 連翹

f:id:giraud87:20170316205143j:plain

2017年3月16日(木) 生花 三才格 れんぎょう

まだはじまって間もない花歴であるが、こんなにも苦労したことはない。連翹(れんぎょう)は、恐ろしい。

茎のなかは空洞で、ちょうどストローのようになっている。すると、まったくたまらない。自然の樹形をもっていけると指導書にはあるけれども、そんな都合よくつかえる枝があるわけでもなく(そしてわたしにそんな枝をみわけられる目があるわけでもなく)、すこしでも形をととのえようとすれば、ぱきぱきと折れていくのである。

どうにかしようとたててみたものの、稽古は時間切れ。先生におまかせして、いけてもらうしかなかった。稽古の花は、柳と連翹の二択だったのだが、あきらかに選択ミスである。いや、これはよい経験をさせてもらった、とも思うのだが、しかし、ひさひぶりに生花をと思っていたので、不完全燃焼と言わざるをえないのである。

 

広告を非表示にする

モッコウバラ

f:id:giraud87:20170325124312j:plainモッコウバラが芽吹いてきた。まだ花を見たことがない。ことしはどうだろう。

広告を非表示にする

f:id:giraud87:20170312112007j:plain

髪を切りにいく道すがら、自転車散歩の途中で。きょうの京都は、春らしくあたたかかった。

広告を非表示にする

景色いけ 池水の景

f:id:giraud87:20170311200913j:plain

f:id:giraud87:20170311200938j:plain

2017年3月11日(土)

盛花 景色いけ 池水の景

銀香梅、菊、コケ

iPhoneのカメラレンズに貼った保護シールがあかんすぎて、くもっています。

写真にすると、落ち口の立体感がわかりにくい(先生につくってもらった)。水の流れを感じさせるような造形をつくらねばならぬのだが、むずかしい。

景色いけ 池水の景

f:id:giraud87:20170301201126j:plain

2017年3月1日(水)

盛花 景色いけ 池水の景

桜、椿(白)、なでしこ

教室の華展にむけて、初景色いけ。

慈照寺

f:id:giraud87:20170226155738j:plain

休日に慈照寺銀閣寺)へ。

京都に住んでいると、かえって訪れないのではないだろうか。椿がちらほらと。

広告を非表示にする